FC2ブログ
プロフィール

梅の父

Author:梅の父
エンジニアやっています。凝ったものを綴っていこうと思います。当面、釣りが多くなりそうです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

梅の父日記
いい思い出になればと。
2018年10月7日 南伊勢町で紀州釣り
実は、渚で紀州釣りをしたくて、google mapで調べておいた南伊勢町の某地に行ったのですが。。
google mapの衛星写真が干潮時の冬に撮られていたみたいで、現地はどうもイメージと違うのです。草ボウボウだし、満潮で岸から駈け上がりまでが遠いしで、今回の渚は諦めました。
初めての場所に午前3時半に行くのが無謀だったということかな。。
  
これを書き始めて気づいたのですが、デジカメで撮ったつもりが撮れてなかったりで、写真が殆どありません。。。
  
  
   
さて、南伊勢町は堤防もあるので、渚近くの堤防で紀州釣りにしました。
 
 堤防の先端付近は、カゴ釣りの人で賑やかです。夜釣りなんでしょうね。
こちらはというと、堤防の中ほど、結局、私含めて4人が紀州釣りで並びました。所々に筏のロープがあるので、ここは4人位が定員ですね。
左隣は永易ウキかな?右隣は遠矢ウキの紀州釣り用のかな?私は、あまり並んで釣らないので少々緊張します。
ウキといえば、最近は残留浮力の小さな高感度のものを使うことが多くなりました。食い込みが違う気がしてきまして。唯一購入したダイワのセンサー寝ウキ 湾内 などもそんなウキだと思ってまして、今回も使いました。これ、細かいアタリもよくわかります。
    
開始からいきなり綺麗なアタリでドキッとしました。木っ端グレです。。
喜んではいられない。
ダンゴをウキで引っ張らないようにしないと、刺し餌が浮き上がって全部餌食になるという、いつものグレ釣りパターンになるのでは??
そこで、這わせで一日通すことに。投入後にもウキが引っ張られることなく、割れたであろうくらいに流されたウキがウキ止めにあたる、を出来るだけ続けられるように練習、練習。
  
  
その甲斐あってか途中経過で、27cm筆頭にチヌ5匹。ヘダイを数匹あげる合間にチヌ1匹といった感じでポツポツ釣れました。
ヘダイとチヌのアタリの違いが、いまいち分からんのが残念。
   
    
いつもは釣れると直ぐに締めてクーラー行きですが、今回はスカリに入れてみました。渚で釣果を眺めながら釣ろうと思っていたもんで、せっかくだから。
これはこれで、沢山釣れた感があっていいですね。

(なぜか、この写真は撮れているな。。。)
  
12時過ぎに7~8匹だったので10匹いけるかもと、思いのほか時間がかかって粘った結果が2時前に10匹目!
27cm位が3匹、20~25cmが7匹。
もう少しサイズは欲しかったですが、久々に「つ抜け」は嬉しいです。
ここ暫く渋々の釣果が続いて、チヌのアタリを忘れてしまいそうでした。そういや、前半戦でチヌのアタリを合わせきれなかったり、バラしたりが何回かありました。だんだん慣れてきたので、思い出せたってことかなと。
      
今回、最も釣れたのがヘダイでした。
20~23cmで、途中で数えるのをやめましたが20匹以上は釣れたと思います。チヌの合間に何匹か釣れてたので、もっといってるかも。
身も厚くて美味しそうだったので最初はスカリに入れていたのですが、チヌが4~5匹確保できた時点からリリース。
結局、スカリの中で弱った1匹のみ持ち帰りでした。
   
その他外道としては、アイゴ、イワシ、木っ端グレです。
活性が良かったのでしょう、綺麗なアタリが連発したんで楽しめました!
       
持って帰って並べると、賑やかですな~
  

チヌは、26~27cm 3匹を刺身に。
  
残りを開いて一夜干しにしました。小鮎と違ってボリューム感があります!
  
海水ほどの塩水に15分漬けてから干します。いい風が吹いて美味しく出来上がりました。
ご馳走さまでした!
  
  
梅の様子もちょこっと。
 
相変わらず、よく食べ、よく寝ます。

この口元のカーブが好きです。
  
   
■潮汐
中潮
日の出 5:52
満潮 3:50 16:37
干潮 10:13 
   
  
■団子
シン残りしないようにと、おから粉を入れてみました。
ダンゴアタリが凄かったからか、比較的割れやすいものにはなったと思います。
表面をカチカチにしたかったのですが、中盤で握力が低下してしまいましたので、そのせいかも。。
ボラはいましたが、スレが1回だけで掛かりませんでしたんで、もしかして、シン残り対策が成功したってことかな?
・ヌカ 14L
・おから粉1L
・硅砂7号 3L
・麦 0.5L
・チヌパワーMP 2L
・アミエビ 2kg
・細挽きサナギ 1L
 
 
  
■刺し餌
・オキアミ 自作砂糖漬け
    →「チヌにこれだ」を少量振りかけました
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、アミエビ、糠、小麦粉
        釣り場で作りました。
        少しづつ溶ける感じで、魚の反応も良かったと思います。
        白チヌを入れているため、ピンクっぽいです。
・コーン
     コーンも殆ど残ることなく食われます。
     ヘダイも食ってきます。
 
 
■竿
渚だと思っていたので、鱗海AX 1号 5mを準備していました。
リール入れ替えるのが面倒だし、この竿で紀州釣りするとどうなるかも興味が湧いたので、これで。
 
メモ。
・4~4.5mの竿と比べてアワセが大きく出来て、その点いいと思いました。
・持ち重りがするので、(私の悪い癖である)居合抜きのようにピシッと合わせることは無くなりました。でも、片手でさばくので手首への負担があって、ちょっと辛い。
・風がない/追い風では、ほとんどトラブル起こらず。向かい風では穂先に近いところでラインが絡みやすくて困ります。その点、やっぱりIMガイドはいいです。 2番とトップだけでもIMガイドだったらと思います。
   
私としては、IMガイド仕様の短竿が好みかな。
ということで、例の復活の天平DX改造竿作成、頑張ります。今は、ガイドを付け終えたところです。
   
 
2018年9月16日 小浜の漁港で紀州釣り
久々に紀州釣りに行けました。
そして今回は、渓流竿ベースに作った竿第二弾のデビュー戦です!

シマノ天平DX中硬44ベースのALL IMガイド!
リールシートも新調しました。
    
  
夜明け前、3時半に到着するも堤防には結構な数のイカ師です。ああ、この季節がやってきた。。。
皆さん、夜釣りされるんで、私がどんなに早く来ても場所が空いている保証がないのです。
それでも本日は釣り座ゲットです。意中のポイントではなかったですが。。
 
例によって、フナムシ採り。今回は、フナムシ採り器もバージョンアップしてます。なかなか、良い調子です。

ガラス拭き掃除用の柄に100均で買った幅広タッパを取り付けました。これまでより、一回り大きくなっています。その分、フナムシが効率よく採れました。
 
準備完了して、夜明けまでちょっと時間があるので、電気ウキで紀州釣り開始。
竿ですが、持った感じ軽いし、シャキッと軽快、硬くもないという、かなり好きな感じになっています!

     
何か寄ってはいますが。。
アタリはあるけれども、消しこまないし、合わせても掛かりません。まあ、でも、撒き餌と思って、久々の電気ウキの動きを楽しみましょうか。
 。。。
1時間経っても何も釣れん。
 
なんでもいいから、この竿に第一号来んかな。。

6時過ぎになって、ようやく。いつもの木っ端グレ。
竿の曲がり良好!!当然、このサイズなら不安を感じることなく釣りあげられます。
 
その後、すぐに。

ミニサイズですが、この竿にして初チヌ。
本日もチヌボーズ回避です。
 
ボチボチ、手のひらサイズを釣り上げます。グレ、ベラですけど。それと、ミニミニのサンバソウ多数。
願わくば、この竿の限界を確認できるほどの大物を。。ボラでもいいから。



本命もしくはボラ、釣れんなー  
イカ師がお帰りで、意中のポイントが空きましたので移動!
 
すると、なんと、活性高い!
移動後すぐに、これまで無かったボラのアタリがバンバンあります。
ジワ~と沈むので、合わせると。60cmくらいのボラ。
いい練習になります。
竿は良く曲がるし、危なげなく取り込めました!
よし!この竿は使える!確信を得ました。嬉しい~
 
そうなると、次は本命とばかり集中力が増しますね~
軽く、シャキッとしているので、素早い合わせができてしまいます。
スパッ!
スパッ!
うーむ、気持ちよし。
まるで、居合抜きのように、スパッと。
調子に乗って、合わせの反応が早くなってきたような。。
   
   
あら、また、ウキが変な動きをしますな~
(よっしゃ)居合アワセじゃ!
! パンっ!  
って何事?
    
竿が弾けてました。。。

4番あたりが、3箇所ほど折れ、5番、6番あたりもグダグダに折れています。
ちなみに、アワセには木っ端グレが掛かっていました。
  
あまりに短い寿命でした。。。
 
暫し呆然とした後、ボーダレスBBに変えて25cm超くらいのチヌを追加。
チャリコ、グレ、ベラ多数とボラ3匹かけて、この日私の右手首がつりました。
  
 
チヌ2匹と木っ端グレ1匹、サンバソウ2匹をお持ち帰り。
塩焼きで非常に美味でした!
ご馳走さまでした!
   
 
■潮汐
小潮
日の出 5:40
満潮 5:24 
干潮 12:47
  
 
■団子
・ヌカ 13L
・硅砂7号 3L
・麦 0.5L
・チヌパワーMP 1L
・粗挽きサナギ 1L
まず、以上を水無しで混ぜてダンゴベースを作る。
・アミエビと海水→様子を見ながら入れて混ぜる。
      ただし、一気には混ぜずにダンゴベースの上層だけで混ぜる。
◼︎刺し餌
砂糖漬け オキアミ
フナムシ
自作練り餌
  
  
◼︎復活の算段
使い心地よかっただけに、なんとかならんもんか。。
心を立て直して、翌日に検討しました。

真ん中が大破した天平44中硬。
左右がが部品取りにしていた天平53中硬。(穂先なし、下栓なし)
天平44の1番と2番だけを使い、3番以降を天平53と合体する案で復活させますよ!
ガイドは、微妙に違いますが、どうにか全て使えそうですし。
 
2018年8月25日 知内川に今年最後の小鮎釣りに行ってきました
2018年も最後です。知内川に小鮎釣りに行ってきました。夜明け前に到着、先行の釣り師は3~4人かな。

先日の台風で雨が降っていましたが、ほぼ変わりなしなのでしょう。既に濁りもなく、若干の水位上昇程度と思います。(高島町の防災カメラで確認)
 
撒き餌は、シラス60gにヘラブナの餌(藻ベラ)と削り粉少々と小麦粉でカサ増ししたものです。
仕掛けは、自作の4本針を2種類。1つは、金アジにラメ付き。もう一つは、銀アジに白パール。

どちらの針が優位というほどでもなく、ポツポツ暇のないくらい釣れてくれます。爆釣という状況ではないなあ。一瞬、入れ食いになっても、続きませんし。。。
 
ちょっと、作戦変更。脈釣りにします。
目印代わりに小さなウキをつけて、竿先でアタリをとります。

なるほど、ウキだとよくわからなかったアタリがわかる。
合わせるのも楽しいですね~
  
最後の週末なので盛況です。

こちらは、釣り座の川上。
 

これ、左が釣り座です。右のベテラン小鮎師さん、上手でしたね~
  
脈釣りは楽しいですが、疲れる気がして長くはやれないなあ、ということでウキ釣りに戻ります。
  
 
小鮎はいるし、ボチボチ釣れるけれど、なんか違うなあ。
 
脈釣りでもアタリの出方も参考に、釣り方を思いつきました!
3年ぶりに市販の仕掛けに替えてと。

釣り方というと。
1)まず、仕掛け。螺旋、錘は目立たないオールステンレス。5本針である程度長い仕掛け。(自作は、針間を短くしてます)螺旋は1番下。
2)仕掛け投入は、螺旋をドボン!と音が出るくらいに投入。入水の衝撃で撒き餌がパアッと拡散します。
3)仕掛けとウキは螺旋より川上に入れる。
4)拡散した撒き餌の中にテンションの掛かっていない針5本が漂うように。
5)ウキが下流に流れている間から、ウキが仕掛けに馴染む直後までに8~9割のアタリがあります。つまり、馴染んだ後は、基本的に流しません。

この釣り方はアタリでした!
手返しは非常に早くなります。仕掛けにテンションをかけないので、食い渋りにも効果があると感じます。
 

最後の1時間くらいでだいぶ追加できました。
    
リミットは10時半です。雨が降りそうなので、少し早いですが納竿としました。
やっぱり知内川は、豊かだなあ~
ありがとう!
  
  
雨を気にして、慌てて撤収したので選別せずに全て持って帰ることに。

写真は、中サイズで123匹。
そのほか、大サイズ、34匹。小サイズ、113匹の合計270匹でした。
腹出しに2時間かかりました。。。久々にしんど。
 
 
梅が、ずーとクレクレしてたのに、つれなくしてたら。。。

スネたか?
なんちゅう顔しとるんじゃ~
 
 
今晩は、50匹天ぷら、10匹塩焼きです。
ご馳走さまでした!
小鮎料理は、明日も続く。。。
 
 
2018年8月17日 三重県紀北町へ紀州釣りに行きました
前日の夕方になって、急遽行けることになりました。
天気予報では、日本海は爆風。太平洋側の紀北町や尾鷲はマシなようです。
爆風はかなわんし、日本海の風裏ポイントも知らないので三重にします。
 
夜明け前に到着し、例によってフナムシ探し、、、皆無でした。1匹も。
しょうがない、イガイを採って、、、皆無でした。岩牡蠣かな?フジツボか?だらけ。
イガイ取り器のデビューはお預けとなりました。残念。。。
 
平日でイカの季節でもないためか岸壁はガラガラです。釣り座はテキトーに、初めての所で。
薄明るくなってきました。

車横付けが出来るので楽チンです。
  
まずは、ダンゴを作って、6~7個ポイントへ投入。今日も手投げにして、15mくらいから始めます。
 一日、這わせで通してみます。
 
 そんなに餌取りが激しくなく、たまに餌が残っています。
這わせの効果か?もしかすると、ダンゴが割れていないのかも。。。
回収時にキクようにして、毎回確認することにしました。
 
早々に。

ガシラ。
ですが、這わせということもあってか、根掛かり連発したので、20m先に変更。
    
6時ジャストに来ました~

相変わらず、小さいですけど。先週より少しサイズアップかな。
ようし!時合いかな?!
 
 と、写真を撮る間にも漁船が帰って来ましたよ。。。あれあれ、チヌの釣れた付近に停泊。
しょうがありません、ここは漁港ですから。。。数m釣り座を移動して続けます。


・  
ところで、朝一番からネコが居まして。
5:17に望遠で撮りました。可愛い、小さな猫ですね~

5:24。気づけば、なんか、ジリジリ寄って来てるんですけど。。。

ずーっといるんです。
待ってますね。時々釣れているもんだから、クレクレってことかな?
6:45。もう、1時間半も。。。

6:49。慣れて来たのか、随分とそばまで来てます。

うーん、可愛い。小さくて、大人しくて、いじらしい。
次、なんか釣れたら、あげてみようか。。。
ということで、20cmちょいのグレが釣れましたんで、、、
でもなあ、君にはデカすぎやろう。
私の足元にグレを置くと、グレがビチビチビチ!!
やっぱりグレって元気ええなあ。。。
 
?!猫ちゃん豹変。
飛びつくなり、ぎゃー!ぎゃー!ガブ!!!!
そのまま、咥えてどっかに走っていってしまいました。
瞬殺ですよ。ビデオに撮っとけばよかった。
立派な野良猫でした。化けの皮をかぶってたようで。。。
  
  
さて、釣り座小移動後、パッとしません。
どうも、漁船の発着が多い付近だったらしく、小移動の後にも近くで船が出入りしています。影響あるのかななんて、気になり出しました。
8時過ぎでしたか、岸壁は空いているんで、移動を考えることにしました。
 
テクテク歩くと。

ある漁船の下に40cm前後のチヌが5~6匹。
こいつらが釣れるわけでもないでしょうが、お隣で釣ってみましょうかね。
 
200m程移動。
若干、活性いいかな。
 
相変わらずベラ。結局、5~6匹。

このほか、小さいオオモンハタが2匹。
 
正体不明の餌取り。
綺麗にアタルのでドキッとします。名前は分かりません。異様に口が、いや、顔がでかいですね。

 
ウキを景気良く消しこんでくれたのはコレ。

 
以前、娘が釣ってたトラギスも。

 
なんと、クマノミ。

釣れると、なんかキモいですな。毒とかなかったっけ?
 
もしやと、海を覗くと。

青い魚がチラチラ泳いでます。海水温高いのかな?
 
メジナもちょくちょく釣れます。結局、手の平が10枚前後。

唯一の足の裏をお持ち帰りです。27.5cm。
 
足の裏サイズのデカフグ。これも2匹。

ハリスプッツンも、5~6回。フグも多いようです。
 
12時半くらいに、寝ウキにモゾモゾとしたはっきりしないアタリに合わせると乗りました。ちょっと大きい。
チヌなら40台かなと思いましたが、慎重になりすぎましたか。。。
若干寄ったところで突っ込まれてラインを出し、そのすぐ後にハリス切れでバラしました。
手前は岩があるようで、根掛かり頻発していたのを忘れてました。
ドデカフグかもしれませんけどね。
  
それから納竿2時まで粘りますが、木っ端グレとかベラばかりでした。
  
  
持ち帰ったチヌとグレは晩御飯に塩焼きでいただきました。


どれも美味しくいただきました!
 
  
 
■潮汐
小潮
日の出 5:17
干潮 3:34 15:35
満潮 9:46
 
 
■団子
・ヌカ 12L
・硅砂 3L
・爆寄せチヌ 2L(一晩水に漬け込み)
・チヌパワーMP 1L
・生オキアミ 0.6kgくらい(よく潰す)
・細挽きサナギ 1L (一晩水に漬け込み)
・小麦粉 少々
10時、残り5~6L程度のところで以下を追加。
・ヌカ 4Lくらい
・硅砂 1L
・常温保存アミエビ0.6kgくらい
・小麦粉少々
 
 
▪️ウキ
今日は、風の強い中、これらを使いました。
やはり、棒ウキは使いづらく、寝ウキが中心です。風向きによっては、20m先となると寝ウキでは風に押し戻されるので、玉ウキを使ってみました。
玉ウキはよく飛びますし、着水後にも風で流されることもないし、いいですね。ただ、微妙なアタリを見ようとすると、目に辛かったですけど。

 
 
▪️小道具
イガイ取り器と古いタモの柄。
タモの柄は頂き物でしたが、古い物で太くて重いため、もう使わないだろうと家の裏で野ざらしになっていました。
あまり、しならないのでイガイ取りには適していると思います。

ちなみにイガイ取り器は、タモと同じ1/2Wのインチネジになってまして、タモの先に取り付けられます。
2018年8月11日 小浜の漁港で紀州釣り
盆休みに入り、早速の釣行が叶いました。
例によって夜明け前に現地に到着し、フナムシゲットです。
だんだん荷物が多くなっているような。。。

真ん中のホウキみたいのがフナムシ取り器です。
   

曇りで微風、そんなに暑くありません。この時期にしては絶好です。
  
第一号はベラ。結果的に、昼過ぎまでつ抜けしたかもしれません。よく釣れました。

  
続けてグレ。湧いてますね。ほとんどが手の平ばかりですが、結局十数匹釣れました。

 
1匹だけ。8:30に。

測ると30cmジャストです。
これだけ持ち帰り、刺身にしていただきました。脂が乗ってて美味です!
  
そして、ついに。なんか、ダンゴあたりがコツンコツンとした感じでした。
フナムシですね。

小さいけど。嬉しかったので大写し。
 
続けて、同サイズが2匹。9時ごろです。

小さいけど、マルチ。。。
時合いかとダンゴを追加してがんばりますが。
 
 
グレとベラ多数。その他、こんなのも。


始終アタリが活発で楽しめました。
  
13:30に納竿。昼前から雲も無くなり、すっかり夏の陽射しになっていました。

途中の景色が素晴らしかったので。目で見るともっと美しいのですが、写真の腕が。。。
 
 帰ってさばくと、お腹からはイガイが出てきました。ダンゴは少しだけ。
イガイか。。。フナムシにイガイとなればなかなか良いかもしれませんな。
 
 
 
晩御飯には、3匹のチヌ塩焼きとグレの刺身が並びました。
久々なんで、余計に美味い。
  
  
■潮汐
大潮
日の出 5:13
干潮 7:29
満潮 13:19
  
■団子
むむ、握りやすい。
爆寄せチヌがふわっとした感触を作っていると思います。また、爆寄せの中の麦は水に漬けていたので柔らかくなっています。これしないと、ダンゴを握る時にチクチクします。
ただ、爆寄せグレになったような。。。
ちなみに、オキアミは出来るだけ潰してから使いました。
・ヌカ 12L
・硅砂 3L
・爆寄せチヌ 2L
・チヌパワーMP 1L
・生オキアミ 0.5L (刺し餌用ブロック、刺し餌抜いた残り)
・麦 0.2L
・細挽きサナギ 1L
・小麦粉 少々
   
    
  ■刺し餌
フナムシはやはり良かったです。チヌもフナムシでした。
今度は、イガイも試してみようかな。。。
・オキアミ生
・オキアミ ボイル
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、オキアミ汁、ヘラブナ餌、特撰エビ粉、小麦粉
・フナムシ
 
 
▪️ウキ
今回、左の4本で釣りました。右のはダイワのセンサー寝ウキです。

たまウキを付けていると、ウキがはっきりと立つので分かり易いですね。
真ん中のヘラウキもどきは、情報量が多いと言いますか、立ち方でアタリの種類が分かる気がします。右の下膨れは、細かいアタリを若干キャンセルするので、使い分けですかね。