FC2ブログ
プロフィール

梅の父

Author:梅の父
エンジニアやっています。凝ったものを綴っていこうと思います。当面、釣りが多くなりそうです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

梅の父日記
いい思い出になればと。
2018年12月9日 三重の紀北町にて紀州釣り
貧果だと、ついついブログの更新は遅れがちに。。。
   
めっきり寒くなって、これで紀州釣りも最終となりそうです。
日本海は寒波で荒れているようですので、必然的に三重へ。三重にしても寒波の影響はありまして、朝は3度、途中の鈴鹿峠では1度と真冬並みです。
 
つりえさ市場でアミエビ  を調達し、紀北町の漁港に着きました。海の水は暖かく、少し期待してしまいます。

この時期、釣り人はまばらです。
   
今回は、初めてラインをPEにしてみました。コーティングが効いており、ハリがあって大きな違和感もありません。
追い風微風ということもあってか、トラブルも少なく快適に釣りができます。よく飛ぶし、ラインメンディングも楽です。
    
ただ、、、食いませんねえ。。。
というか、アタリなく餌がなくなります。時々針も無くなりますが。

やはり。。。
    
こんな時に、期待してたヘダイもほんの僅か。

8:30にようやく1匹。
これが、全く続かず。。。 
    
 頑張ったんですが、14時まで。

なんと、、、ヘダイ2匹だけでした。
 
紀州釣りラストは、寂しい結果に。。。
 
3~4cmのイワシのような群れがいてダンゴに寄ってきているようです。その群れ、半端なく大きいです。
たま~に、ウキが消し込むのですが、空振りか針が無くなるばかりでした。
   
PEは、穂先の絡みが1回。ウキとラインの絡みが1回で、その時はラインを切って仕掛けを作り替えました。11時ごろからは結構な向かい風でしたが、問題なく釣りはできました。
今回のPE、使えそうです。次回以降はフカセになりますが、続けてみます。
収穫といえば、これくらいか。。 
   
  
  
■潮汐
中潮
日の出 6:48
満潮 7:16
干潮 12:43
   
  
 
■団子
今回のダンゴは、握りやすく調整も効くので定番の一つにしたいと思います。
・ヌカ 14L
・硅砂7号 3L
・おから粉 2L (業務スーパー 1kgの半袋)
・麦 0.5L
・チヌパワー 1.85L (徳用 半袋)
・粗挽きサナギ 1L
・アミエビ 2kg
    
  
■刺し餌
・オキアミ 自作砂糖漬け
・オキアミ ボイル
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、アミエビ、小麦粉、ヌカ
・コーン
   
   
◾︎仕掛け
200mで1285円(アマゾンにて)なので、なかなかリーズナブルです。他を使っていないので比較まではできませんが、今のところ使い勝手もよかったと思っています。

ただ、チヌはおろか、ボラも掛けてないし、魚が掛かるとどうなるんでしょうね。
そういえば、ついつい高速に合わせたところ、ハリスの結び目が飛びました。ラインの伸びがない分、気をつけなければならんところでしたが。
 
 
 
2018年11月24日 若狭町にて紀州釣り
だいぶん寒くなってきましたので、堤防の釣り人も減ってきているのではないかと、常神半島の人気の場所に向かいました。
特に今回は、夜半まで雨が降っていた状態なので、夜釣りの方々も少ないのではないかと。ちなみに、天気予報によると日付が変わる頃には雨も上がり、曇りらしいので絶好です。
 
さて、4時前に現地に着きますと、なんと、誰もいません!
人気の堤防の先端に陣取りました。
 
と、まあ、ここまではうまくいった風なのですが。。。
なぜ先端かと言いますと、ゴミと海藻が凄いことになっていまして、堤防内側は釣りができない状況なのです。。。先端は、どうにかゴミが切れている、でも、時々流れてきますけど。
   
ダンゴを準備していると雨が降ってきた。曇りとちゃうかったっけ?
風はあまり無いのが救いですけどね。そんなに寒くも無いし。。。
  
   
    
先に結果を書きますと、チヌボーズでした。
でも、この釣り場には一度は来てみたかったので、まあ、満足しました。
ということで、実は、大して書くほどのことも無いのですが、こんな日もあるということで。
    
ダンゴの準備が終わった時点で、日の出までは1時間半はあります。
そこで、赤のヘッドライトをつけて夜紀州釣りです。
このヘッドライト、赤色でほんのりと点灯するモードがあります。赤の光ならば海水中にはあまり通らなくて影響少ないという話があったのでやってみました。本当かどうか、これで釣れていれば確信持てたのですが、どうなんでしょう?

電気ウキで紀州釣り、手元は赤のライトで、なかなか快適です。
  
魚はというと、餌が全く取られません。もちろん、アタリも無し。
時々、ゴミ(海藻)を引っ掛けてしまいます。
   
 
暗い中でダンゴ投入。夜明けても投入。。。 
  
夜が明けてしばらくしても、状況変わらず。堤防先端のゴミ状況は思ったより悪いことが判明したくらいです。

こんな感じで堤防内側に溜まったゴミが潮にのって少しづつ先端に流れていきます。
投点にゴミが差し掛かるとダンゴ投入中断。我慢し切れず、ちょいずらして投入、、、なんてことしてるとポイントがボケるんですかね?
  
夜が明ける頃になると堤防は人で埋まりました。イカ釣りの方々がほとんどです。
グレ釣りのお隣さんもできました。お話によると、ちょくちょく同じようなゴミの状態はあるらしく、ひどい時は港の内側が全部ゴミだったこともあるらしいです。
まだ、今日はマシってことらしいです。
 
全然アタリが無かったのですが、6時半になって、ようやくアタリが! 

手の平にすっぽり入るチャリコでした。
普段ならリリースですが、今回は梅の晩御飯すら危ないかもしれないので、お持ち帰りです。
  
この後、ベラなんかも釣れ出して、一安心。 

   
また、ベラが。。
うおー、どうしても海藻にまみれてしまう。。

 木っ端グレ、ミニカサゴ、ベラなどポツポツ。暇ないくらいにアタリを出してくれます。
   
釣れた海藻が溜まっていく。。
 
これ、全部が私じゃ無いです。
多分、前日、前々日と同じ状況だっのでしょうね。
  
   
投点は、20m程先。手前は根がかりしますし、当て潮がきつくなる感じです。
朝は餌も取られなかったのに、朝まずめが過ぎた頃には、極小グレ、アジ、スズメダイが凄い数います。見た感じ、手の平台のグレすらほとんどいませんね。。
   
実は、堤防の先端は初めてでして。
先端ならではでしょうか、二枚潮で潮目ができたり消えたり、潮の向きが変わったり、、、ゴミにも翻弄されました。。ちと、私には難しかったです。
 
     
2時半まで頑張りましたが、パッとせず。納竿です。
写真はとれていませんが、27cmくらいのグレ1匹、手のひらオーバー程のグレ2匹、手の平チョイのグレ数匹、小さなカサゴをお持ち帰りとしました。  
  
  
  
今回は、グレ3匹を三枚におろして、

塩と昆布粉のみで昆布締めにしました。
   
24時間冷蔵庫で寝かしてから、翌日の晩御飯。 

左側は昆布を出来るだけ取り除いたもので、右側がそのままのものです。
大根と一緒に食べたり、茶漬けにしたりと、美味しくいただきました。
  
   
■潮汐
大潮
日の出 6:29
満潮 2:53 17:39
干潮 10:24
   
  
 
■団子
ダンゴはいい感じになってきたような。
おから2Lにしました。これだと、明らかにダンゴが柔らかくなり、握りやすいです。締めやすくなると感じました。
軽い部類のダンゴだと思いますが、水深で8m程度で少しゆっくり目に落ちていき、問題なく着底します。
餌取りはいましたが、これでもかと締めると1分程は保つように思いました。
・ヌカ 14L
・硅砂7号 3L
・おから粉 2L (業務スーパー 1kgの半袋)
      今までのおから粉は、通販で買ったものでした。
      先日、業務スーパーで安く売っているのを見つけました。
・麦 0.5L
・チヌパワー 1.85L (徳用 半袋)
     MPでなく久々に元祖チヌパ。
・粗挽きサナギ 1L
・アミエビ 2kg
    
  
■刺し餌
・オキアミ 自作砂糖漬け
・オキアミ ボイル
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、アミエビ、小麦粉、ヌカ
        ヌカを入れると、硬くなりすぎず、ベタベタ感が緩和されます。
・コーン
   
2018年11月11日 高浜町にて紀州釣り
なんの前情報もなく和田漁港の外堤防に向かいました。
あらら、到着してみると、堤防には入れなくなっていて、立ち入り禁止の立て札が。。
看板付近でも雰囲気が良ければと思ったのですが、3~4mで砂地のスケスケ。生命反応無し。
誰かがサビキか何かをやった後(要は撒き餌で汚れてる)はあるものの、ここで釣りたいとは思えません。。。

    
それではバックアッププラン発動と、お隣の高浜漁港の外堤防へ。
10分くらいで到着しました。が、外堤防の根元は狭い、駐車スペースがない。停めれば迷惑かけそうなくらいでして。。遠くに大きな駐車場はありますが、いかんせん、本当に遠い。。。
堤防の先まで行けそうなものの、停められないのでは時間の無駄ですし、ここも断念。
  
どっちかで釣り場は確保できるだろうと、楽観していたので早くもネタ切れ、、、どうしよう。。
若狭湾のレパートリーはほとんどありませんから、小浜方面に戻るか、以前に行った高浜町の堤防か。。
戻るより前に進もうと、イメージで行き先決定!
    
案外、高浜漁港から30分くらいで到着しました。
やはりイカ釣りの皆さんいらっしゃるものの、堤防の外側真ん中付近がポッカリ空いてます。
とにかく良かった、釣りができる!
 
さて、最初はダンゴ作りですが、ここに来て、なんとチヌパワー MPが無い。。。ストックが1袋あると思ったのは思い違いだったようで。ダンゴの締まりの肝なんですが。。。
残念ながら、小麦粉を代用品として使います。シーズンも終盤だし、今日は想い通りのレシピで釣りたかったが。。

とりあえず、薄力粉0.5L投入。
 
 
でも、いい天気。

穏やかですね~あんまり寒くもないし。
 
這わせている為か、ウキに綺麗なアタリは少ないけれど、餌はすぐに無くなります。コーンも保ちません。
何かと思えば、これか。

好物なんだけど、もうちょっと大きければな。
 

これなら、食べるとこあるな。
肝も美味いらしいし、持って帰ります。
 
ウキが消し込むと、グレです。

みんな肥えてて、太いのです!
足の裏サイズがポツポツ。手の平大のグレもたまに釣れますが、足の裏の割合が高い。これは面白い!
 
ちっちゃなアイゴも時々かかりますが、ほとんどスレです。
湧いているんでしょうな。。
  
11時過ぎ
どーんと引き込んだんでドキッとして掛ければ、いい感じの重量感。
こ、これは。。。

これか。。。騙された。ホンマに期待したのに。
竿を叩くな!紛らわしい。ギャラリーも一瞬来て、すぐにお帰りに。。
 
この頃になると
どんなにダンゴを締めても、着底後せいぜい30秒くらいで割れます。
もはや両手首が痛い。締めきれない。修行が足りん。
 
またまた、どーん。
ここ、これは。。?

お初です。
コブダイの幼魚では?足の裏サイズなのに幼魚。
美味いんだったけ?初めてなんで食べてみよう。
  
 
ここから小一時間粘ってグレ追加。
明日は仕事だし、1時半で納竿です。
最後の獲物も足の裏グレでした。
チヌは、見られず。。。
でも、面白かった!  
  
 

帰りの風景です。
冬桜。
  
 帰って獲物をタライに入れると、結構あるな!

足の裏グレ8匹、手の平カワハギ2匹、コブダイですね。
  
あれ?

1匹だけ違う形のが。
左は尾長かな?
  
 
 
量あるので、まず1日目は煮付けと尾長グレの塩焼き。

うーん、美味い!
コブダイは、まあまあ。それに、小骨もあるんですね。
尾長の塩焼きうまいぞ!
  
 
2日目はグレフライ。

上品なフライ!
good!
  
3日目はグレの昆布締め。

昆布節約の為、ミキサーで粉末昆布にして作りました。
塩、リンゴ酢、昆布をまぶして冷蔵庫で24時間。
 
出来上がり。
く、食えるのか?

見た目イマイチでしたが、美味い!!!
        
   

梅もグレの中落ちを3日間ありつけました。
 
 
■潮汐
中潮
日の出 6:29
満潮 2:53 17:39
干潮 10:24
   
  
■団子
シン残り対策のおから粉が必須のような気がしてきました。
でも、今回は小麦粉なので、シン残りしてたでしょうね。。
・ヌカ 14L
・硅砂7号 3L
・おから粉1L
・麦 0.5L
・薄力粉 0.5L、後で約0.3L程追加。
・粗挽きサナギ 1L
・アミエビ 2kg
     汁を絞って、当初は汁だけ投入
     アミエビ は様子見ながらアンコとして使用
     中盤で全部投入して混ぜ混みました。
 
  
■刺し餌
・オキアミ 自作砂糖漬け
・オキアミ ボイル
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、アミエビ、小麦粉
・コーン
 
2018年10月20日 南伊勢町で紀州釣り
基本的には、家から近い若狭湾に行くのですが、この日は風速10mとの予報です。三重はというと4~5mということで、三重に。
新規釣り場の開拓も考えましたが、帰宅時間が決められたので勝手知ったるところで、追い風になる堤防にしました。
 
本日は、天平改造ロッドの復活の日です。元祖天平のトップと二番、ガイドとリールシートのみを使い、三番より下は別の天平のものとなっています。今回の釣行に、エポキシコーティングの乾燥がギリギリ間に合いました。
 
堤防に着くと思いの場所は空いています。よしよし。
その先には、テントの灯が。

後でわかったのですが、小さい子供やおばあちゃんまでいらっしゃったようです。凄い気合いだな~
  
いつも誰かが夜釣りしているのですが、何が釣れるのか未だにわかっていません。釣ってる最中は余裕がなく、帰りになると疲れているんで直帰なのです。
   
さて、いつものようにダンゴ作りから。
おっと、その前に復活の記念撮影です。

とにかく折れずに、できればボラでもいいからでかい奴をさばきたい!
  
  
電気ウキをつけて薄暗いうちからダンゴを投げます。
風もなく、心地よいです。天平君もいい感じです。
   
今日は、前回ほどのアタリはなさそう。
 
6時半にとりあえず、20cmくらいのヘダイ。 

気持ちよく曲がる!
 
 7時にヘダイとは違うアタリに一瞬ドキッとして、、、木っ端グレ。

それから、ヘダイ3~4匹に木っ端グレ1匹と言う感じでしょうか、ポツポツです。
  
前回と違って、ヘダイも消し込むことが少ないですね。何でやろう?
ダンゴは前回比で割れにくくはなっていますが、関係しますかね?
    
8時には、よっしゃ、とうとう来た!!
重量感よし!竿も叩く感じ!
と思ったら、途中から軽くなったり、走ったり。。。あれ?あれ?
 
やっぱり、60cmのボラ。
でも、天平の試し釣りとしては、願っても無い獲物でした。
そんなに怒らせることなく獲れました。上々です!

   
ヘダイ、ヘダイ、、、
   
綺麗にあたって、9時半にようやく1匹!

目測26cmくらいです。なんとか、1匹。
 
それから、更にボラ2匹をかけました。1匹はスレだったのでしょう、突進後に軽くなり鱗だけが釣れました。もう1匹は、とんでもなく引くのでたまらずラインを出すと高切れしました。ロープに当たった気もします。
  
 
コンスタントにヘダイが釣れましたが、チヌは来ず。ヘダイは、二週間前と比べると少しだけアベレージが大きくなった気がします。これは、晩秋から初冬にかけて楽しみかもです。
  
  
昼前から風が強くなってきました。追い風なので釣りは続行できます。天気予報、当たるなあ。信じてよかった。
   
用事もあるし、1時半で納竿です。ラストもヘダイでした。
 
ヘダイ4匹とグレも1匹、それと、チヌ1匹をお持ち帰りです。
晩御飯は、久々にフライかな。
   

ヘダイのフライは上品で美味しいですよ!
ご馳走さまでした!
    
   
■潮汐
中潮
日の出 6:02
満潮 2:15 15:30
干潮 8:46 
   
  
■団子
おから粉を抜いて、ダンゴの割れを遅くする作戦です。
それが裏目に出たか、ボラを掛けまくってしまいました。シン残りしたのかもしれません。
ヘダイのアタリが控えめだったのも関係するのかは、?です。
・ヌカ 14L
・硅砂7号 3L
・麦 0.5L
・チヌパワーMP 2L
・アミエビ 2kg
・粗挽きサナギ 1L
 
 
  
■刺し餌
・オキアミ 自作砂糖漬け
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、アミエビ、糠、小麦粉
・コーン
 
   
■竿
合わせは大きく、腕全体でかけるつもりで、折れることなく使えました。(まあ、それが普通ですか)
やはりこの竿、軽くてシャキッとして、それでいて掛かると良く曲がります。
面白い竿でした。これから、メインの紀州釣り竿として愛用していきたいと思います!
  
2018年10月7日 南伊勢町で紀州釣り
実は、渚で紀州釣りをしたくて、google mapで調べておいた南伊勢町の某地に行ったのですが。。
google mapの衛星写真が干潮時の冬に撮られていたみたいで、現地はどうもイメージと違うのです。草ボウボウだし、満潮で岸から駈け上がりまでが遠いしで、今回の渚は諦めました。
初めての場所に午前3時半に行くのが無謀だったということかな。。
  
これを書き始めて気づいたのですが、デジカメで撮ったつもりが撮れてなかったりで、写真が殆どありません。。。
  
  
   
さて、南伊勢町は堤防もあるので、渚近くの堤防で紀州釣りにしました。
 
 堤防の先端付近は、カゴ釣りの人で賑やかです。夜釣りなんでしょうね。
こちらはというと、堤防の中ほど、結局、私含めて4人が紀州釣りで並びました。所々に筏のロープがあるので、ここは4人位が定員ですね。
左隣は永易ウキかな?右隣は遠矢ウキの紀州釣り用のかな?私は、あまり並んで釣らないので少々緊張します。
ウキといえば、最近は残留浮力の小さな高感度のものを使うことが多くなりました。食い込みが違う気がしてきまして。唯一購入したダイワのセンサー寝ウキ 湾内 などもそんなウキだと思ってまして、今回も使いました。これ、細かいアタリもよくわかります。
    
開始からいきなり綺麗なアタリでドキッとしました。木っ端グレです。。
喜んではいられない。
ダンゴをウキで引っ張らないようにしないと、刺し餌が浮き上がって全部餌食になるという、いつものグレ釣りパターンになるのでは??
そこで、這わせで一日通すことに。投入後にもウキが引っ張られることなく、割れたであろうくらいに流されたウキがウキ止めにあたる、を出来るだけ続けられるように練習、練習。
  
  
その甲斐あってか途中経過で、27cm筆頭にチヌ5匹。ヘダイを数匹あげる合間にチヌ1匹といった感じでポツポツ釣れました。
ヘダイとチヌのアタリの違いが、いまいち分からんのが残念。
   
    
いつもは釣れると直ぐに締めてクーラー行きですが、今回はスカリに入れてみました。渚で釣果を眺めながら釣ろうと思っていたもんで、せっかくだから。
これはこれで、沢山釣れた感があっていいですね。

(なぜか、この写真は撮れているな。。。)
  
12時過ぎに7~8匹だったので10匹いけるかもと、思いのほか時間がかかって粘った結果が2時前に10匹目!
27cm位が3匹、20~25cmが7匹。
もう少しサイズは欲しかったですが、久々に「つ抜け」は嬉しいです。
ここ暫く渋々の釣果が続いて、チヌのアタリを忘れてしまいそうでした。そういや、前半戦でチヌのアタリを合わせきれなかったり、バラしたりが何回かありました。だんだん慣れてきたので、思い出せたってことかなと。
      
今回、最も釣れたのがヘダイでした。
20~23cmで、途中で数えるのをやめましたが20匹以上は釣れたと思います。チヌの合間に何匹か釣れてたので、もっといってるかも。
身も厚くて美味しそうだったので最初はスカリに入れていたのですが、チヌが4~5匹確保できた時点からリリース。
結局、スカリの中で弱った1匹のみ持ち帰りでした。
   
その他外道としては、アイゴ、イワシ、木っ端グレです。
活性が良かったのでしょう、綺麗なアタリが連発したんで楽しめました!
       
持って帰って並べると、賑やかですな~
  

チヌは、26~27cm 3匹を刺身に。
  
残りを開いて一夜干しにしました。小鮎と違ってボリューム感があります!
  
海水ほどの塩水に15分漬けてから干します。いい風が吹いて美味しく出来上がりました。
ご馳走さまでした!
  
  
梅の様子もちょこっと。
 
相変わらず、よく食べ、よく寝ます。

この口元のカーブが好きです。
  
   
■潮汐
中潮
日の出 5:52
満潮 3:50 16:37
干潮 10:13 
   
  
■団子
シン残りしないようにと、おから粉を入れてみました。
ダンゴアタリが凄かったからか、比較的割れやすいものにはなったと思います。
表面をカチカチにしたかったのですが、中盤で握力が低下してしまいましたので、そのせいかも。。
ボラはいましたが、スレが1回だけで掛かりませんでしたんで、もしかして、シン残り対策が成功したってことかな?
・ヌカ 14L
・おから粉1L
・硅砂7号 3L
・麦 0.5L
・チヌパワーMP 2L
・アミエビ 2kg
・細挽きサナギ 1L
 
 
  
■刺し餌
・オキアミ 自作砂糖漬け
    →「チヌにこれだ」を少量振りかけました
・自作 練り餌
    →チヌパワー V10 白チヌベース、アミエビ、糠、小麦粉
        釣り場で作りました。
        少しづつ溶ける感じで、魚の反応も良かったと思います。
        白チヌを入れているため、ピンクっぽいです。
・コーン
     コーンも殆ど残ることなく食われます。
     ヘダイも食ってきます。
 
 
■竿
渚だと思っていたので、鱗海AX 1号 5mを準備していました。
リール入れ替えるのが面倒だし、この竿で紀州釣りするとどうなるかも興味が湧いたので、これで。
 
メモ。
・4~4.5mの竿と比べてアワセが大きく出来て、その点いいと思いました。
・持ち重りがするので、(私の悪い癖である)居合抜きのようにピシッと合わせることは無くなりました。でも、片手でさばくので手首への負担があって、ちょっと辛い。
・風がない/追い風では、ほとんどトラブル起こらず。向かい風では穂先に近いところでラインが絡みやすくて困ります。その点、やっぱりIMガイドはいいです。 2番とトップだけでもIMガイドだったらと思います。
   
私としては、IMガイド仕様の短竿が好みかな。
ということで、例の復活の天平DX改造竿作成、頑張ります。今は、ガイドを付け終えたところです。