FC2ブログ
プロフィール

梅の父

Author:梅の父
エンジニアやっています。凝ったものを綴っていこうと思います。当面、釣りが多くなりそうです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

梅の父日記
いい思い出になればと。
2019年9月15日 舞鶴 道路沿いへ紀州釣りに行きました。
春の乗っ込みで訪れた釣り座へ。
堤防とは違って海面が近いっていうのが、趣があって好きなんですね~
  
 
例によって、到着は夜明け前。
   
準備が終わっても、まだ真っ暗です。
そこで、今回は激振ブレードというルアーを投げてみました。
小一時間ほど、底を取ってから巻くだけ。
カマスなんていたらいいのにな~
 ・・・
何もアタリ無し。投げる練習と思ってひたすら。
案の定、下手くそなのが良くわかりました。どこに飛ぶか分からんのです。
明るくなってきたんでそろそろ最後かなあ、なんて思っていたら。買ったばかりの激振ブレードをロストして終了です。授業料かあ。
なら、フック無しでやれば良かったという話もありますが。。。
ちなみに、激振ブレードは二百円台の格安ルアーでした。
 
   
明るくなってきたんで、気を取り直して紀州釣り。

手前は浅くなっていて、竿一本先から深くなっていきます。
20m先で竿2本です。
 
杓で投げます。

写真は7/6に撮ったものです。グリップをテニスラケットサイズにする事でコントロールを得られないかと思ってましたが、効果アリでした。手元がブレないのがいいんだと思います。
  
 
 
日の出時刻、開始早々にモゾモゾとアタリがあるんで合わせましたら、これまで最大のカワハギでした。
まあ、結局、この日はこの一匹でほぼ終了~
正確には、木っ端グレ、キューセン、豆アジを一匹づつ追加。。。
餌は直ぐに無くなります。たまにアタリがある程度です。
 
  
11時頃、右手人差し指にちょっと大きめの引っかき傷を作ってしまってヒリヒリ痛くて団子が握れず。。血も出るし。早めに納竿しました。
   
しょうがない、帰ってノンビリしようかと思っていたら、、、連休中日ということで渋滞にあい、帰路は5時間もかかってしまいました。往路は2時間半なのに。
踏んだり蹴ったり。。。
 
釣れなかった日には、毎度、熊川の道の駅で「葛ようかん」を買って帰ります。

美味いんだな、これが!
カワハギは、塩焼きに。
いつになくメチャメチャ美味いと感じる!
  
 
 
 
■潮汐
大潮
日の出 5:40
干潮 8:36
満潮 3:03 14:43
 
  
◼️団子
サナギを抜いて、団子の保ちを高めてみました。
サナギの代わりに「チヌにこれだ」。MPと相まって、甘ったるい匂いの団子です。
確かに保ちますし、握りやすい。
・糠 16L
・硅砂7号 3L
・チヌパワー MP 1L
・麦 0.5L
・チヌにこれだ 半ボトル
・アミエビ (2kg)
    
  
■刺し餌
デルモンテのはしっかり硬くて餌持ちが良いのですが、冷凍で台無しでした。当然、解凍して使いましたが、ゆるゆるのブヨブヨコーンになってしまいました。
・加工オキアミ
    →みりん、料理酒、砂糖、食紅黄色、グリシン
・ボイルオキアミ Mサイズ
・自作練り餌
・コーン(デルモンテ)
       
 
◼️タックル
堤防ではないので、長めの竿で。
PEの絡みやすさは、若干、マシですかね。
・鱗海AX 500 1号 (1番2番IMガイド換装)
・リール トライソ SHOX 2500
・ライン PE 1号
・ハリス 東レ スーパーL EX1.7号
・針 がまかつチヌR 2~3号 
  
 
  
2019年9月1日 小浜方面へ紀州釣りに行きました
日曜日の釣行、翌日は会社もあるので、出来るだけ近くの堤防ということで小浜方面にしました。
ちょっと早起きして、夜明け前の小一時間を延べ竿で前打ちでもしてみようかな。
道中、303釣具で青イソメを買ってと。。
   
到着しますと、夜釣りの方々が数組いますね。
ただ、幸運なことに意中のポイントに入ることができました。
堤防の外向きに紀州釣りの釣り座、団子の準備を済ませたら内向きでチョコっと前打ちです。
    
餌の青イソメを保冷出来るように深い餌箱を作りました。材料は家に転がっていたヒノキの板です。金具は買いましたが。

こんな感じで300ccのタッパーに氷を作って入れまして。
 

その上にプラスチックの丁度良い大きさの容器を乗っけると。
 

ハイ!青イソメが保冷されます。
蟹もいけますかね。 
  
青イソメを一匹掛けして脈釣りの要領で。
時々アタリがありますが、なかなか乗りませんな。。
一度、穂先を持って行ったのですが、乗りません。
早合わせでした。半分にちぎれた青イソメが戻ってきました。。
   
小一時間なんてあっという間でして、東の空が明るくなってきて、そろそろ終わりかという時間に一匹だけアジが釣れました。

アタリの正体は、これだったのか~
根魚でも釣れてくれたらなあと思っていましたが、これが餌取りでは難しかったかな。
 
 
さて、夜明けと共に紀州釣り開始。

開始早々に手のひら大のチャリコ。好物です!
    
5時40分頃には、大好物が!

足の裏大。まずまずです。
  
これまで寝ウキでしたが、新作にチェンジ。

写真がボケボケですね。。。
これが、なかなかに良いです。
視認性抜群、アタリもわかりやすく、波乗りもいいです。
エース級の働き!
   

6時40分頃に、またまた大好物ゲット。 
 
木っ端グレが多いようですね~

  
次に新作2本目。

削ってたら、こんな形に。。
こちら、まあまあです。 十分使えます。
 
 
25cm 前後のグレも。

結局、この日は同サイズを3匹。
 
潮止まり、9時過ぎに来ました。

小ぶりですけど。
しかも、続きませんでした。。。
    

クジメ、ササノハベラ、オオモンハタの小さいの、チャリコを追加。
今日は上手いもんが色々釣れました。
  
10時前には堤防はガラガラ状態です。

 先端でフカセ釣りをされています。
後で伺ったら、木っ端グレばかりだったとのこと。
堤防全体、木っ端グレですなあ。。。
 
      
ひたすら投げますが、木っ端グレ。。
タイムリミット!12時半で納竿です。
  
夕食にチヌ、グレ、オオモンハタ、ベラを刺身に。
翌日には、カワハギ、ベラ、クジメ、オオモンハタ(小)を塩焼きに。
どれも美味です!
ご馳走さまでした!
  
 
■潮汐
中潮
日の出 5:28
干潮 9:04
満潮 3:47 15:11
 
  
◼️団子
私にとってオーソドックスなレシピに戻してみました。
木っ端グレの猛攻に、思ったようには団子が持たせられませんでした。
・糠 16L
・硅砂7号 3L
・粗挽きサナギ 1L
・チヌパワー 1L
・麦 0.5L
・アミエビ (2kg)
    
  
■刺し餌
・加工オキアミ
    →みりん、料理酒、砂糖、食紅黄色、グリシン
・ボイルオキアミ Mサイズ
・自作練り餌
・コーン(デルモンテ)
・青イソメ
       
     
 
◼️タックル
・銀渓 超硬調 6m (渓流竿)
・道糸2号
・ハリス1.5号
・ガン玉 B + 3B
・針 チヌ針 3号
    
自作の天平は穂先が細くて、よく動くためか、PEが絡みやすい傾向があるように思いました。どうでしょうね?
次回は、竿を変えてみましょうかね。
・自作 4.1m (シマノ天平 中硬中 ベース)
・リール トライソ SHOX 2500
・ライン PE 1号
・ハリス 東レ スーパーL EX1.7号
・針 がまかつチヌR 1号 
  
 
2019年8月25日 今期ラストの小鮎釣り
来週の土曜日8月31日を過ぎると、小鮎は禁漁になります。
今期最後の小鮎釣りに出かけました。
 
3回連続で同じポイントに入ったものの、、、

5時開始してすぐにアブラハヤ、次もアブラハヤ、時々ゴリ。。
ポツポツ釣れるのですが、全てこれら外道。
気づけば5時40分で小鮎ボーズ。朝まずめにボーズってどういうこと?
水位が上がって流れも強くなっていましたので、ウキ無しスタイルがフィットしてはいたのですが。。。
 
こんなの初めてです。
上流は雨で流された?まだ登っても来てない?ってことでしょうか。。
   
移動するなら今!ということで、下流方向へ。
 

こんなとこです。
水位上昇してなきゃいい感じなんでしょうね。。
こういう流れの速いところで釣ったことが無いので不安なのですが、釣りができるだけ良しとして開始。
 
ウキ無しスタイルで2匹ゲットしたものの、なかなか釣れません。。
お隣のベテランさんは、ウキを流してポツポツ釣っておられます。
小1時間頑張って数匹の釣果ですから、私の釣り方がまずいんでしょう。
ウキで流さないといかんのかな?
 
私もやってみると仕掛けが高速で流れていきますんで、、、こんなんで釣れるんやろうかと思いながら。。。
アレ?
ベテランさんには到底及びませんが、ポツリポツリと釣れます。
今期最後で新発見。
まあ、撒き餌はすぐに無くなるし打ち返しが忙しい釣りになるので、今後も好んではやりませんけれど。
 
拾って拾って、9時過ぎ納竿まで37匹でした。
いや~難しかった!(私が下手くそなだけですが)

小鮎釣り、奥深いね~
  
  
梅にも今期最後の小鮎を。

  
私らは、今期最後の天ぷら。

   
美味しかった!
小鮎釣り、今年もありがとう!
 
2019年8月12日 舞鶴の漁港に紀州釣りに行ってきました
初めての漁港でワクワクでした。
4時前に到着すると堤防先端には4~5名の若者が夜釣りですかね。
15~20m程離れて釣り座としました。
直後に更に別の若者4~5名が先端との間に入ってきて。
その後、更に逆側には3名。早朝の堤防は一気に賑やかに。
皆さん、ロックフィッシュ狙いでしょうか?アジを釣ってからの泳がせ釣りをしたいようなことを話してますね。
  
一丁、チヌでも釣り上げてヒーローになってやるか~
 
そんなスケベ心を見透かされたように、開始早々、餌は取られますがアタリ少ない。。
何か、前回の様子と似てますな。。。
5時半過ぎに、小さなアコウ。

梅の晩御飯ゲット。
しかし、贅沢な猫だな。。
 
投点15~20mで団子を引っ張らないようウキ下を取ってますが。たまーにウキが消しこんで、でも空振りが多いですね。
オキアミが殻だけになって戻ってくることも多いので、フグかカワハギがいるんでしょう。
 
ようやく掛けると、カワハギです。

この後も、2匹追加です。

前回も4匹でしたので、もしやニューマッシュがカワハギを呼ぶのかな?
 
7時半過ぎると、若者たちは徐々に退散していきます。
暑くなってきましたからね。
あんまり盛り上がってなかったみたいでした。。。
チャリコ、木っ端グレ、小さなベラなどポツリポツリと釣れます。
 
 
9時過ぎには堤防はガラガラに。
 
11時すぎに流れが左になって、フグが釣れました。
慈愛到来かもと緊張感でますが、団子の割れがやたら早くなったような。
トントンからやり直すとアタリが出ますが、消し込むことはほとんどないです。
   
 
鯛は居らんのか?
久々に景気良くウキが消しこんだら、、、

これ以下はないだろう程の小さなチャリコ。。。
  
 
 
12時半でタイムリミット、団子も使い切りました。
残念!何事も起こらず。釣りきれませんでした。
 
  
精進しないといかんですね~
 
それにしても暑い!
釣り座の周り位は来た時より美しくということで、ブラシでゴシゴシ、それからゴミ集めして退散しました。
■潮汐
中潮
日の出 5:14
干潮 4:39
満潮 10:41
 
  
  
◼️団子
早く割れるようになってしまうと、ニューマッシュ を入れているからか、どうしても保たない気がします。粒が荒いからですかね。。
・ヌカ 16L
・硅砂7号 3L
・チヌパワー 1L
・麦 0.5L
・ニューマッシュ 1L・・・最初だけ
・小麦粉 適宜
    
  
■刺し餌
・加工オキアミ
    →みりん、料理酒、砂糖、食紅黄色、グリシン
・ボイルオキアミ Mサイズ
・自作練り餌
・コーン(デルモンテ)
・フナムシ
       
     
 
◼️タックル
・自作 4.1m (シマノ天平 中硬中 ベース)
・リール トライソ SHOX 2500
・ライン PE 1号
・ハリス 東レ スーパーL EX1.7号
・針 がまかつチヌR 1~2号 
2019年8月3日 知内川に小鮎釣りに行ってきました
先々週と同じ場所にやってきました。
時間帯も同じ、夜明けから8時過ぎまでの予定です。
  
3時に出発して、道中に気づきました。「生簀忘れた」。
前日にやっさんのブログに生簀のことをコメントしたばかりだったのに、寝る前は覚えていたんですが。。
毎度、道中では、到着してからの段取りをシミュレーションしてから、爆釣を妄想、ウキウキしているのです。そのシミュレーション中に気づきました。
いつも何かを忘れるんですよね。歳かいな。。。
 
 
到着してみると、水量は前回と変わらず。
流すポイントも決まっていますので、竿を3.9mの早蕨 硬調にします。凄く軽くて扱い易く、大好きな竿です。
今回は、初めて道糸をPE 0.6号にしてみました。いつもは、海釣りで余った2.5号を使っていたのですが、道糸が流れに引っ張られる感じがなくなるかなと。まあ、無くなってどうなって欲しいというのも別段なかったのですが、気まぐれです。
  
更に今回、餌を業務スーパーの一番安いサバの水煮缶詰と糠だけで作りました。安く簡単に作れます。匂いもあっていい感じです。使い勝手も良かったです。
  
こんな感じ流していきます。

明け方、ポツポツとアタリがあって、前回よりいい感じですね~

ただ、小ぶりの小鮎が多くなっています。綺麗に追星のついたのも
はあまりいません。
 
釣り場全景です。 

一番流れが強いところを狙いますが、、、開始1時間で30匹超。そのあと、パッタリと食わなくなりました。
 

新たに袖針に白をペイントし、水性ニスでコーティングした針を作ってきました。明け方は、これでボチボチの釣果。 
 
時々、小鮎がライズします。 
偏向サングラスで見てみると、流心に鮎がいます。でも食わないんですね。。
 
 では、新作の金のアジ針に緑をペイントしたものを試しますが。

無視されました。。
パールも、金アジにラメ付きもダメです。
 
棚が上がったかのかもと、8本針にしてみますとポツリと釣れますが、どうも違う。
 
では、盛大に餌を撒いてみます。が、ダメですね。。
 
元々、(私は)ウキ釣りの時のアタリがつかめていないと思ってまして、合わせのタイミングがいつも遅いというか、全部のアタリに気づけてないように思うのです。なので、どうしても明らかにくわえて、走ってから合わす感じです。
一応、ウキを変えてもダメ。
   
何やっても私には無理でした。
激シブの後半2時間ちょっとでは、10匹。。。 
  
思い立って、最後の最後にウキ無しで釣ってみました。
だから食うということではないですが、細かいアタリがよくわかるようになりました。(ゴリを3匹ほど)
道糸がPE0.6号なので、流れの影響が穂先に出ませんね。
仕掛けを寝せるとか立てるのも自在ですし。
これはいいかもしれません。次の釣行では、いきなりウキ無しでやってみましょうかね。

程よく疲れたので、今日は納竿です。
渋いとはいえ、昼飯には丁度良いです。塩焼きと天ぷらでいただきます。
     
8時半で、ちょっと暑くなってきました。

夏ですね~
これからの時間は、気温がどんどん上がるんだろうな。
熱中症には気をつけないといけませんね。