FC2ブログ
プロフィール

梅の父

Author:梅の父
エンジニアやっています。凝ったものを綴っていこうと思います。当面、釣りが多くなりそうです。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

梅の父日記
いい思い出になればと。
2020年7月23日 小浜方面で紀州釣り
4連休、雨の予報ばかり。。。
久々に娘を誘ってみよう!ブログ友のねこさんにオススメ釣り場もアドバイス頂きましたよ。
が、
金曜日は友達と勉強するんだそうで、「土曜ならいいよ」って。。。土曜は全国的に一日中雨ですぞ。
でも、しょうがない、勉強してください。それを止める親はおりません。よって、父は一人で行ってきますよ。(ニヤリ)


23日、スッキリした天気予報なんて三重も若狭もありません。多少なりとも雨に降られるなら、近場の小浜方面がいいですねえ。
ねこさんのアドバイスにもあった漁港の下見がてら、行ってきますか。




夏になって、イカ釣りの方々も少し減っているかな。3時過ぎに到着すると、そこそこ人はいますが、皆さん外側です。
後で聞きますと、狙いはケンサキイカだそうです。


先端内側に釣座を構えられました。


人気の堤防でして、いつも人が多いので入れませんでしたからね。実は、凄く嬉しいです!
プチ夜釣りも出来るかと思っていましたが、準備が終わると薄明るくなっています。


空団子は5~6個投入して、水深などチェック。
投点10mだと根がかりしますね。15mは投げるようにしてと。。


開始早々、ガンガンにあたってきます。
正体は手のひら大のアジでした。


横風が強くて往生します。雨はパラパラで許容範囲ですが。
朝まずめ、釣れるのはアジにコッパグレです。
魚は集まっている感じだし、雰囲気悪くないのですが。


7時半過ぎ、そんな時に我慢できずにトイレ休憩。。。


堤防にはファミリーも多数いますから、ちょっとそこで、というわけにはまいりません。トイレまで遠くて、往復500mくらいはあるんじゃないでしょうかね。
帰りは小走り。10分くらいは、場を休ませたってことで。


目論むのは、YouTubeなんかで見かける、場を休ませたら釣れるっていうパターンですよ。
8時前。。
この日は激荒サナギを団子に混ぜて、刺し餌もサナギとコーンを使っています。


モゾモゾ、ゆっくりと寝浮きが60度くらい起き上がり、消し込みましたよ~
(これまでに無いあたり)
そりゃ!乗った!!


横風に道糸がキーンと鳴りますねえ~
ああ、久々!!
この音が聞きたかった!!!
良く走るなあ~ 突っ込むよ~
周りでは、枚方から来たというファミリーさんが盛り上がっています。
「凄い曲がってる~」
側から見たら渓流竿(天平)が折れそうな勢いで曲がっていますからね。
なんか、気分ええなあ~


魚影が見えたときに、一瞬ボラかな?と思いましたが、無事、キャッチ。


厚みのある、いい形のチヌでした。46.5cm。
乗っ込み時期の同型と比べて、明らかにパワフルですね。



ファミリーさん、「ここに、こんなんいるんや~」「私もこれ釣りたい~」って言ってらっしゃいました。楽しんでいただけたようで良かったです。




この調子で二枚目を!
投点は15~20m、下手投げで。ウキを投点手前または潮上5m程に置いて、ほぼ斜めトントン。
ウキが刺し餌を引っ張らないよう、道糸はちょっと張りを持たせて、あたりは見えるように。
ひたすら投げる。投げる。。。
餌は、サナギとオキアミとコーンのミックスを中心に時々練り餌でローテーションしています。
頑張って団子を締め込みます。激荒サナギを入れているので、かなり締めても1分は保ちません。


モゾーとしたあたりが!でも、空振り。
これは!もしや?
同じポイントに投げると、全く同じあたり!
乗りました!

引かない。。。でも上がってくる。
やはり、タコでした。


ビニール袋に密封して締めようと、ちょうど良い袋がないか探していると、「貸しましょうか?」と声をかけていただきました。
タコ、イカを締める先が二股の刃先になっている道具です。しかし、、お借りしてもうまくいきません。
結局、やってもらうことに。
一瞬でタコが白くなって、クターとなりました。
さすが~
実は、タコ釣りされている方でした。
考えてみれば、嫁さんも娘も顎が悪くて矯正中です。タコは食べられないじゃありませんか。
結局、締める道具をお借りしたタコ釣り師さんにもらっていただきました。




さあ、横風の中、修行継続。
時には目の前一面の海面が真っ白になりますよ。竿なんて振れないレベルです。
風が少し収まっては投げ、穂先を海中に浸けて道糸を沈めると、風の影響を受けずにすみます。潮の流れはゆっくりでしたんで助かりました。
手のひら大のグレ数匹、アジ、フグ、団子当たりもあって賑やかです。
これで、風さえなければ最高ですがね。。




あっという間に、予定していた12時前になってしまいました。
締め込み過ぎで右手首が限界です。。
連休ですので、遅くなると滋賀の湖西道路が大渋滞してしまいますしね。
納竿です。


ずっと来たかった釣り場で、本命を得られたので大満足でした!




一日寝かせて、翌日の晩ご飯です。


これまた定番になっている、あら煮とフライと刺身の漬けにしました。
美味しかった~
ご馳走様でした!






◼️潮汐
中潮
日の出 4:59
干潮 10:23
満潮 5:51
 
  


◼️団子
自作オキアミ作成で出てきたオキアミジュースがあったので、アミエビ無しとしました。十分、集魚してくれました。逆に、この時期にしては集魚力ありすぎた気もします。
オキアミジュースには砂糖が入っていますが、それにより団子がちょっと締めやすくなりました。もうちょっと締めたい時にシロップを入れるなんてどうでしょうかね。
今回は、朝の5時半から11時半までで、以下の団子材の約3/4を使用しました。残りはジップロックに入れてあって、次回に使います。
・糠 15L
・硅砂7号 2L 
・有機石灰(牡蠣殻の粉) 1L
・麦 0.5L
・鶏のえさ 1L
・マルキュー オキアミ粉 半袋
以下は都度適当に
・活サナギ激荒
・オキアミジュース 500ml






◼️刺し餌
新作の自作オキアミ快調です。作る際に砂糖を効かせすぎないようにと、「チヌにこれだ」をほどほどにしてみました。身が縮むのを抑える狙いです。また、トレハロースをいれることで乾燥に強くなったような気がします。
・新作 自作 加工オキアミ
・活サナギ激荒(コーン、サナギ)
・自作練り餌






◼️タックル
ナイロンハリスでの初のナイスサイズ本命でした。また、今回も2回ほど根がかりして、引っ張り強度が屈強であることを再確認できました。このハリスへの信頼が増しました。
ただ、一方で、ハリスを魚にかじられると、フロロに比べて表面がざらつきやすい気がしました。今回は、マメに針を結び変えました。
・自作 4.1m (シマノ天平 中硬中 ベース)
・リール トライソ SHOX 2500
・ライン ブラックシーブリーム 紀州釣りサスペンド 2号
・ハリス サンヨーナイロン ナノダックス1.5号
・針 チヌR2号、カットチヌ1号、ハヤテチヌ1号






2020年7月12日 北小松で小鮎釣り
ここのところ週末は雨ばっかりでしたが、本日(7/12)の予報は曇りということです。
しかしながら、この日は町内会の清掃活動が8:30から開始。。
しょうがない、片付け等考慮すると、実釣は日の出から7時までの2時間です。


この時期は、川が釣りやすいのですが、連日の雨で濁流でしょう。
本湖しかありません。




4時過ぎに北小松に到着すると、駐車場はガラ空き。
湖水浴場への道は封鎖されていますし、トイレに近いポイントに決めました。
見事に誰もいませんね。。。


左手。。。


右手。。






薄明るくなってくると、岸から5m~10mの至る所で波紋が見えます。
期待できるのかな!?




。。。


甘かった。。
小鮎は大量にいます。6~7cmの小型から12~13cm程度まで、バラエティに富んでいますけど。
餌にも寄ってきますが、針を食ってくれません。。


夜明け後は、たまにスレ掛かり。
明るくなってきて、ポツリポツリです。
暑いこの時期特有の状況です。
ウキ釣りは不利とみて、早々に脈釣りでやっていますが、それでも。
ポツリポツリ。。
針は、「金+ラメ」、パール、ミドリはさっぱりダメ。
「パール+赤とミドリ」と「銀アジに白ペイント」がポツリポツリ。


何故か、これ悪くないです。


作るの簡単で、これ、良いです。




明るくなってくると、徐々に活性が上がってくる感じがします。
よーし、ここからかな!
さて、何時だろう?
6時半って。。。
後、30分で納竿じゃないですか?!


少しづつ、釣り師も増えてきました。
右手に2名、左手には3名。
皆さん、あんまり、釣れてなさそうですが、これからですよ~
渋い中にも要領を掴んできたところで、私はタイムアップ!
いや、しかし!
口を使いづらい小鮎を釣るというのは、面白いもんです!


帰宅8時。間に合いました。
数えると、

42匹でした。1食分に十分!


早速、昼ごはんで美味しくいただきましたよ。
もはや、定食かもしれない。
「ソーメン小鮎づくし」でどうでしょう!




ご馳走様でした!






2020年6月27日 知内川で小鮎釣り 
知内川、今年は小鮎のサイズが大きくて、早々にヤナが撤去されたとのこと。
サイズも数も出ているらしいです。
600匹釣ったとか、1000匹釣ったとか景気の良い話も聞き及んでいます。
知内川に限らず、色々なところで釣れているようです。
私は数は不要ですので知内川でなくても良さげですが、そこは、小鮎で溢れた川っていうのが神秘的というか、豊かさを感じられて好きなのです。やはり、見ておかねばと。


さて、釣り場は上流の方にします。
水深があって釣り易くは無いですが、あまり人も来ないので、のんびりできます。私のような下手くそには、数は釣れないポイントでしょうかね。


いい感じです。
向こう岸は、ひっきりなしに小鮎がライズしています。
手前の方でも、底でひらを打っている小鮎が見えますね。


竿は、シマノの天平 中硬中 4.4mです。
実はコレ、紀州釣り用の竿が壊れた場合のスペアです。オークションで買ってストックしていましたが、なかなか出番が来ないので、今回のデビューとなりました。


試しに先日作った根がかり防止のオモリです。
クッションゴムをオモリに纏わせています。
ただ、2時間後に、おそらくラセン部分が岩に挟み込んでロストしてしまいました。そこかあ。。


エサは、チリメンジャコを砕いてヌカと混ぜたものです。小麦粉などは入れません。ヌカですと水加減とラセンに練り込む加減で、溶けるスピードを調節できて、最近のお気に入りです。
チリメンジャコの数倍の分量のヌカを使っていますので、薄味の節約エサです。
お気づきかもしれませんが、紀州釣りの団子の発想なのです。
濁りも出ますよ。




ウキはコレ。
以前、発砲スチロールで作った自作の固定ウキ。上下を浮きゴムで固定します。
ゴムが下だけですと、切れてウキを流してしまうことがあったので、上下で固定。自作ならではです。




始めると、アブラハヤが結構釣れます。
そういえば、昨年もそんなことがあったっけ。アブラハヤとヌマチチブしか釣れなかったなあ。
今回は小鮎も釣れてます。


8時過ぎくらいには、十分過ぎるくらい釣れました。
とは言っても、70~80匹くらいかな。
数釣り好きの方からすると、知内川でこれじゃあ貧果と言われそうですが。。
サイズは例年より大きいんじゃないですか。
6~7cmなんてちっこいのはほとんどいませんし。14~15cmもちょくちょくです。






こんなポイントです。ちょうど、流れの真ん中くらいを流すのが楽しかったですよ。




9時ごろに撤収、上開田あたりを通りましたが、沢山の釣り師がバンバン釣ってらっしゃいました。川の至る所で小鮎のライズが見られましたよ。
今、絶好調ですね。




今晩の晩御飯は、小鮎に決定!
70~80匹とはいえ、帰ってからがさあ大変。
ということで3品!


大きめの小鮎は、骨が気になるというので、開いて骨を取って、フライにしてみました。


大きめのは、塩焼き。


小さめは、南蛮漬けです。


御馳走様でした!
久々、堪能しました!










2020年6月20日 紀東方面へ紀州釣りに
乗っ込み時期に大型船の停泊で諦めた漁港へ。
4時前に現地に到着すると。。。
船が無い!
  
ということで、いつもの釣座に、ようやく座れます。
自粛も解かれ、混み合っているかと思いましたら、いつもの通りです。
手投げで20m程投げてみます。砂地であることはわかっています。
 
何かがいるようですが団子当たりも少なく、アタリもあまりありませんね。。。
サバ子とアジの仲間ですかね?一匹づつ釣れました。
堤防の先端付近ではサビキでサバ、アジが結構釣れているようです。
サビキが鈴なりです。
 
アミエビは濃ゆくしたネバ団子で、まずは魚を集めているつもりなのですが。。
イマイチです。
地元の方によれば、サバ子が湧くので紀州釣りは我慢だな、と。
笑いながら「頑張ります!」と答えたものの、7時半には我慢ならなくなってきました。
 
ここは、場所替えの判断のしどころでは?
いつも、粘りを信条に、、いや、面倒で場所替えはしませんが、こんな時のためにと、今日は出来るだけ荷物を減らして、移動しやすいように片付けています。
数m動くとかそんな感じではない気がして、車で移動を決めました。
 
 
車で10分くらいの漁港、そこそこ人はいます。
が、目指すのは、隣の砂利浜にある石の突堤です。
ルアーマンがいたら浜から釣るつもりでしたが、幸運なことに空いていましたよ。


手前は石積みと藻がありますが、潮がひいていますのでどうにかなりそう。
15mも投げれば砂地です。
 
早速、団子当たりがあります。ササノハベラが釣れました。
グレやサバなどの餌取りはいません。餌取りはベラくらいですかね。
パッとはしませんが、11時過ぎの干潮から満ち潮に期待しましょう。
 
 
まさに狙った時間帯で激しい団子当たり発生!
消し込んだんで、合わせると乗りました!
こ、これは~
本命だと確信して、慎重に慎重に、、、いよいよ姿を見せてくれたのはボラ。。。
でも、チャンス到来でしょう!
 
ボラのアタリを避けたつもりで、合わせ!
うーん、さっきとおんなじような引きだなあ~
ボラだと確信して、適当に、、、いよいよ姿を見せてくれたのは、チヌじゃないですか!
久しぶりすぎて、チヌの引きを忘れてましたかね。


この一匹は嬉しい!
久々ですしね、場所移動までしましたしね、狙った時間帯ですよ。
サイズは35.5cmと小ぶりでしたが、でも、嬉しい。
 
まあ、二匹目もと、意気込みましたが空回り。
暫くするとボラ当たりも無くなって、タイムリミット1時に納竿です。


久々にチヌの刺身だな。
   
 
 
◼️潮汐
大潮
日の出 4:43
干潮 11:10
満潮 4:21
 
   
◼️団子
牡蠣殻で団子が締まる気がしたので、チヌパを抜いた配合です。
チヌパなくても、締まりますね。アミエビを入れる場合は、当面チヌパなしにしてみます。
まじないの集魚材には「チヌにこれだ」を入れることに。
・糠 15L
・硅砂7号 2L 
・有機石灰(牡蠣殻の粉) 1L
・麦 0.5L
・鶏のえさ 1L 
・アミエビ 2kg
・チヌにこれだ 都度、適当に。




◼️刺し餌
どうも自作オキアミがイマイチで。締めすぎで身が縮んでます。
去年から冷凍しているからかわかりませんが、身は縮んでいてゆるゆるという、加工の意味が感じられない状態です。勿体無いので使ってきましたが、本日が最後の1パック。次回からは新作オキアミです。
・自作 加工オキアミ
・自作練り餌
・コーン
・活丸さなぎ(アンコにも使用)
→アンコ、サナギの効果は発揮できず。。。




◼️タックル
・自作 4.1m (シマノ天平 中硬中 ベース)
・リール トライソ SHOX 2500
・ライン ブラックシーブリーム 紀州釣りサスペンド 2号
・ハリス サンヨーナイロン ナノダックス1.5号
・針 カットチヌ1号、ハヤテチヌ0.8号


ハリスはナノダックスを使ってみました。
どこかの釣具店のブログでお勧めされていました。ハリスではなくショックリーダーですが、ハリスとしても使えると。
根がかり時に引っ張った感じでは、フロロカーボンより明らかに強い!
また、コーティングが効いていて滑らか。
安いし、今後はこれにしようかな。。
 
 


2020年6月6日 小浜方面へ紀州釣り
都合あって、急遽出撃です。


303釣具店のHPで小浜方面の漁港の釣り禁止が解かれたとのことで、お手軽な堤防で釣りができる!


途中で「なかむら釣具店」に立ち寄ると、なんか人が多いなぁ。。2時半過ぎと、結構早いのですが。。。みんな、この日を待ちに待ってたってことですかね。
まさか、いつも空きのある目当ての堤防は。。。
3時半に着いてみると、あれれ~完全に埋まっとる!?こんなの初めてです。
では、何処に行く?今日は早く帰らないといかんので舞鶴道路沿いはきつい。
もう一つ、いつもは空いている別の堤防へ。
20分程で到着すると、、、ダメです。。
もう、釣りができればどこでも。ただし、空いているところ。
そうなると、渚に向かうしかないな。途中、昔にファミリーフィッシングした漁港に寄ってみると空いている。奇跡。。
無事、釣りができる喜びに勝るもの無し!


結果は。。。
しかしながら、そこが悪いのか、腕が悪いのか、結局はチヌボーズ。。。腕ですね。


幸先よく、手のひら大のメバルが釣れたかと思えば、アタリがなく餌がなくなる。。しばらくしてササベラ、最後の一投にガシラと、美味いもんは釣れたのでまずまず満足して早々に納竿しました。10時。
今日は、早く帰らないといけません。
でも、最近は日の出が早いので、朝方が長くてありがたいのです。


向かいの堤防も人で一杯です。
釣れているのかな?
曲がった竿を見てない気がするけれど。。。


持ち帰ったお魚は、嫁さんに煮付けにしてもらいました。
根魚3種、美味でした!




釣り、できたしね。
よかった、よかった。


◼️潮汐
大潮
日の出 4:41
干潮 7:40
満潮 13:18


   
◼️団子
・糠 15L
・硅砂7号 2L 
・有機石灰(牡蠣殻の粉) 1L
・チヌパワー 1L
・麦 0.5L
・鶏のえさ 1L 
・アミエビ 1.6kg






◼️刺し餌
・加工オキアミ(自作)
    →砂糖、食紅黄色、グリシン
・ボイル オキアミ
・自作練り餌




◼️タックル
・自作 4.1m (シマノ天平 中硬中 ベース)
・リール トライソ SHOX 2500
・ライン ブラックシーブリーム 紀州釣りサスペンド 2号
・ハリス ブラックストリーム 1.25号
・針 カットチヌ 0.8~1号、チヌR 2号